川口市 産後のヘルニア - 川口市「Resoraりそら整体」

HOME > スタッフブログ > 川口市 産後のヘルニア

川口市 産後のヘルニア

2014年08月07日

皆さん こんばんは マタニティ・産後骨盤矯正専門 女性のための整体院りそらの石井です。

暑い日が続いています、自分では気づかない内に水分不足になっていたりします。

熱中症予防に水分補給は、こまめにとりましょう!

暑いと身体が疲労して緊張してきて、急な腰痛になる方もいらっしゃいます。

急性腰痛は、*ぎっくり腰のような腰椎捻挫
  
       *ヘルニアによる椎間板性

の2つにわけられます。

共に、急な痛みのため身体は、コントロールが出来なくなります。

これは、傷ついた部分を守ろうとする働きで傷をさらに広げないように筋肉を収縮させて固定しようとする働きなのです。

ヘルニアの場合、下肢に *しびれ  *冷感  を感じるのが特徴です。

又、ヘルニアは腰を曲げたときに悪化します。ぎっくり腰との違いです。

ヘルニアは、神経障害も引き起こしますので、ヘルニアがでた場所により圧迫を受ける神経も異なります。

神経は、その場所だけではなく腰から出た神経は下半身に行き渡っています。

そのため、腰のヘルニアは圧迫を受けた腰の神経は下半身まで影響して痛みがでたりします。

肘を椅子の角に打ちつけて手の先まで痺れたことはありませんか?

この時、神経による電気信号が指先まで伝わっています。

その伝達が筋肉を更に緊張させて神経をぎゅっと掴んでしまうのです。

これがヘルニアを悪化させる原因です。

妊娠中は、腰を曲げたりしないので悪化する事はすくないです。

出産時は、腰を曲げていきんだりしますので発生したりします。

出産後、子育てで腰を曲げる事が多くなりますので発生しやすいです。

出産後、3ヶ月位までは授乳が多く腰を曲げやすいので出産~出産後3ヶ月は注意が必要です。

生活習慣の中で気をつけたい事として

*床に置いてある物を拾う時、安易に腰を曲げない

*洗濯カゴは地面に置かず、腰をまげなくても取れる位置まで持ってくる様に工夫しましょう。

*洗面台で顔や手を洗うときは、膝を軽く曲げておくと腰の負担が減ります。

などを注意して腰の負担を少なくしましょう!

また、ぎっくり腰を1度でも患った方は、仕事や生活習慣が主な原因の為に再発する恐れがありますのでしっかりとメンテナンスを心がけるようにしましょう!

りそら整体では、腰の痛みをとり楽しいマタニティライフ・産後の子育てを応援しています!



電話・メールでのお問合せ

メールでのお問合せ

「りそら整体」へのお電話はこちら
 【 電話番号 】 070-6453-9835
 【 営業時間 】 10:00~19:00
 【 電話受付 】 10:00~19:00
 【 定休日 】 水曜日

PageTop

石黒さんとの写真 画像.png

施術による効果には個人差があります。

bottom.png

matanity bottom.png

kotubann bottom.png

メニュー
会社概要

川口市 不妊専門整体 

産後骨盤矯正

妊婦マタニティ整体

「Risoraりそら整体」

【住所】
〒334-0003
埼玉県川口市坂下町2-14-16

【電話番号】
070-6453-9835

【営業時間】
10:00~19:00

【電話受付】
10:00~19:00

【定休日】
水曜日

【最寄駅】
埼玉高速鉄道 鳩ヶ谷駅
徒歩15分

【出張施術】

【出張費】
1000円



川口市 産後骨盤矯正 妊婦マタニティ整体 「Resora りそら整体」
  • 住所:〒334-0003
    埼玉県川口市坂下町2-14-16
  • 電話:070-6453-9835