不妊専門整体 - 川口市「Resoraりそら整体」

HOME > 不妊専門整体

妊活中に使えないアロマオイルは○○です!

2017年01月15日 [記事URL]

妊活中は、いろんなことに敏感になっている方もいるかと思います。

アロマオイルも香りをかいで

リラックスするために気楽に使ってみようと思っても

妊活中なので使ってはいけないアロマオイルがあったりしたら

香りをかぐのも不安になりますね

妊活中は、大抵使ってよいものばかりなのですが

妊活中に気がつかずに妊娠している

期間もあるかもしれません

妊娠初期や妊娠中に使えないアロマはあります!

経血の流れをよくする

*クラリセージ

など妊娠の可能性がゼロでないなら

使ってはいけないものもあるので要注意です!

また、

*シナモン

*ジャスミン

*レモングラス

*ユーカリ

なども刺激がつよく通経作用といって

月経を誘発してしまう可能性があるので

妊活・妊娠中は気をつけたいです。

香りを選べばアロマオイルは

いろいろと妊活をサポートして

子宮や卵巣を元気にしてくれるオイルもあります

妊活中も上手にアロマをとりいれて

心も体も癒され楽しい妊活にしていきたいですね

d89b6c9dbc6a69d7daef1a8ce33734b7_s.jpg



草加市 骨盤を整えてもらい妊娠しました

2016年09月14日 [記事URL]

こんにちは 日本妊活協会りそら整体の石井です。

当院に来られていた方から嬉しい妊娠報告をいただきました。

本当に嬉しい瞬間を共有できて、この仕事を選んで良かったという思いを改めて感じさせていただきました。

01302f222d78534e60581dd3f5c8f59976e3081c7c.jpg

01c137093bdc5e8f07be203f7ffe57eee0fdae3d6b_00001.jpg

【りそら整体を受けてのご感想をお願いします】

 

無料体験からうけさせていただきまして、良かったら続けようという気持ちでした。

初回は、その施術方法に注目していましたが「手当て(手技)」という言葉が合うようになりソフトなものでした。

痛さがないので続けられるとおもいましたし、施術で治すということだけではなく、

普段の生活で骨盤をどう意識するかといったことも教えていただけて良かったと思います。

まだ、数回ですが身体をととのえるためにも継続的に通いたいと思います。

【今、妊娠活動を頑張っている方々に一言お願いします】

(一言というもの難しいものですが)その活動へ向けて、出来る事を出来る事からトータルで進めていけたらと思います。

無理をせず色々なイメージを持ちながら頑張って欲しいと思います。

そのトータルの一つとして骨盤のことを考えてみたらいかがと思います。

__________________________________________________________________________________________

二人目不妊で悩んでいる方で多いのが、骨盤周りの固さやゆがみ

お一人目の出産時に骨盤ケアをされましたか?

とお聞きしますとほとんどの方が骨盤ケアをされていないです

 

骨盤と内臓を整えていくと妊娠する確立がグンと上がります


骨盤の中に子宮がありますので

子宮のはたらきをよくするためには骨盤の状態をみていくのがとても大切なのです

産後は、3ヶ月間骨盤周りがゆるんでいます

その時に、骨盤が歪んだ姿勢をしたり座り方をしたりすると

骨盤が歪んだ状態のままになってしまい

骨盤の中にはいっている子宮が本来あるべき位置ではなく

左よりになったり

子宮がさがってしまったり

すると子宮のはたらきが弱くなってしまいます


生理痛がひどかったり

冷え性だったり

ストレスがあると女性は子宮にたまってしまい子宮がギュっとかたくなり

卵を育てるホルモンは血流にのってきますので

ホルモンがしっかりと出せる状態ではなかったり

 

そのためにも、骨盤や内臓をととのえるのは

あなたが授かるからだになるための近道かもしれません

 



川口市 妊娠しやすい体作りセミナーでした!

2016年08月03日 [記事URL]

みなさん こんにちは! 日本妊活協会の石井愛子です。

先日、表参道で「妊娠しやすい体つくりセミナー」でアロマと妊活のお話をさせていただきました。

012c24cea0188d9a4490a3bd77043c7293ae882a57.jpgのサムネイル画像

01ece92a6a23a7ebb997756d20a5fad7938e41bcfa.jpg

はじめに、座ったままの椅子ヨガ!

妊娠しやすい体作りは、体のストレッチや運動は細胞を活性化するために必要です。

日本妊活協会の不妊専門整体師でもある小林先生が担当です。

01905001fce4fcaa7701446dcdba2c52f9816aecec.jpg

そして、体がゆるんだところで「アロマで妊娠しやすい体作り」のお話

妊娠に近づくには、「体作り」はとても大切ですが、メンタルな部分はみのがしがちです。

一番大切なのは、・あなたの精神状態や潜在意識などの心の部分です。

二番目に大切なのは、・日常の食事や運動です。また、サプリなどの補助栄養での体作り

三番目に大切なのは、・整体や鍼、よもぎ蒸しなどをして体を整えていく

そうなんです。

妊娠しやすい体になるには、これらの事をして体を整えていくのが近道なんです。

不妊治療の病院は、今のあなたの体の状態を判断して処置をしたり、薬を処方したりするところです。

ですので、不妊治療の病院に通っていてなかなか妊娠しないという方は、

自分の今の体の状態が、・生理痛はないか?   ・便秘ではないか?   ・肩こり、腰痛などはないか?

           ・骨盤の歪みなどはないか?  

など見直してみるのもよいかもしれません。

そして、アロマオイルは心のケアをしてくれます。

アロマの良い香りを嗅いでいるだけでも、体が緩んでリラックスする作用があります。

日常のイライラやストレスは、内臓や子宮、卵巣、卵に影響してきます。

アロマを使っての対処法をお話をしました。

そして、最後に妊娠しやすい体つくりの内臓調整の清水先生のお話でした。

妊活をされている方の悩みは、様々ですが少しでも妊娠に近づくように今後セミナーを開催していきたいと思います。

無料メール相談.png



川口市 不妊症にたいする情報をリセットしましょう!

2016年06月09日 [記事URL]

こんにちは 日本妊活協会 不妊専門整体 りそら整体の石井あいこです。

今は、何か疑問があるとインターネットで検察する時代です!

不妊症にかんする情報は、インターネット上であふれています。

私って冷えが問題なの?

もしかしたら子宮が問題?

卵子の老化かもしれない

など調べていくうちに

*葉酸がいい!          とでていたり

*マカがいい!

*ミトコンドリアの改善サプリ!

どんどん新しい情報がでてきてサプリだけでも数種類飲んでいるという方もいます。

これは、不妊症に限ったことではありません。

ここ最近の健康ブームで本当に健康な人が増えているといえるのでしょうか?
私は、不健康な人が増えていると思います。


身体の状態をよくするには、どんどん足していけば良いものではありませんね。

むしろ、引き算が必要なことも多いのです。

ですので、*今もっている情報   *やっている事

をリセットしていくことも大切なのです!

006.jpg

 

☆足し算の栄養や薬を飲む前に・・・細胞の状態を良くしましょう!

 

不妊の原因といわれている 

*子宮の状態の悪さ
*卵子・精子の老化
*冷え

などどれをとっても細胞一つ一つをいい状態にすることが大切です。

子宮や細胞の状態が良いと

*子宮の感受性が高くなり、ホルモンの反応もよくなり受精卵を受け入れられます。
*生理でしっかりとお掃除ができます。
*しっかりと内膜を育てて、粘膜の状態も良くなります。

これができれば、生理痛や子宮内膜症のトラブルは自然と解決するのです。

卵子と精子の細胞の状態が良いと

*遺伝子異常がなくなります。
*細胞に力がでてきます。(受精卵には自分を守る栄養が必要なのです。)
*細胞膜の状態が良くなります。

これができれば、赤ちゃんになれる卵の排卵する確立はあがります。

全身の細胞の状態が良いと

*冷えがなくなります
*細胞がエネルギーを作ることができます。
*ホルモンの反応がよく高温期にしっかりと体温が上がります。

これができれば、低温期・高温期があがり、免疫力もあがります。

栄養をとっても必ずしも吸収できないんです

では、栄養が入る身体とは?どの様な身体なのでしょうか?

*栄養を吸収する内臓の状態が良い(特に肝臓や腸)

*体に毒がない(毒を入れない、毒がしっかり処理できる)

*酸素が全身にいきわたっている

要するに、内臓が元気である事!なのです。


子宮や卵巣の細胞の状態をよくするためには、

他の内臓全体が良い状態でなければいけないのです。


そして、内臓は疲労すると内臓下垂して働きが悪くなります。

内臓が下垂すると、*ポッコリお腹 *腰痛  *肩こり などがサインです。

内臓が下垂すると

 → 働きが弱まる
 →毒が排泄できずにたまったまま
 →血液が汚れ栄養もない   →  細胞が悪い状態になる

そして、子宮や卵巣の感受性が弱まり、ホルモンに反応しなかったり

逆にそのせいでホルモンが過剰にでてしまったりして

ホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

★妊娠するための身体つくりは、1年かけて作っていきましょう

 

当院では、マタニティの方も来院されています。

妊娠がわかって、すぐに「つわり」がひどくて会社を休んで寝込んでしまう方

身体に痛みがあり、思うように動けない方

などとても辛い思いをしています。

この辛い状態は、お腹の赤ちゃんにも負担をかけていて、赤ちゃんの成長にも影響していきます。

アメリカなどでは、妊娠する1年まえから「妊娠する身体つくり」

をしているそうです。

どうして1年前からなの?とおもわれるかもしれません。

☆排卵前の2次卵胞(卵子の元)に毛細血管ができ

血流が開始されて排卵されるまでには90日間もかかります。

「原始卵胞 画像」の画像検索結果

この時期までに

体質(血液の状態)を良くしておく必要があります。

それは、*質の良い卵子を育てる

    *エネルギーの高い良い状態にしておく

必要があるからなのです。


そして、体質(血液の状態)をよくする為には

*血液が入れ替わる必要な時間  3~4ヶ月かかります。


ですので、

排卵~受精するまでに    90日間 

体質改善の時期(血液が入れ替わる期間)   3~4ヶ月

最短でも、90日間  + 3~4ヶ月  =  6~7ヶ月

妊娠までの最短期間でも、6~7ヶ月  必要になるのです。

そうして、体質(血液の状態)を上げてから妊娠するのが赤ちゃんの成長にも母体にも良いのです。


こういった理由から妊娠するまでに6か月から1年かけて
体質(血液の状態)を上げてから妊娠するのが
良いということになります。

「胎児は、妊娠6週目までが、一番母体の影響をうけます!」

ですので、妊娠がわかってから、お酒やタバコをやめたり

食事を変えたりしても遅いことがわかりますね。

卵子の状態から、胎児の時も様々な影響を受けています。

「可能な限り健康な赤ちゃんを産みたい」

と願うのであれば妊娠前からの身体のケアはとても大切なのです。

妊娠したらゴールではありません!

その先にある子供の健康、家族の幸せを考えると

妊娠前の6ヶ月~1年かけての心身のケアは、とても大切な時期になり

後になって「宝」となります。

 

不妊治療の病院に通っている方で、先生とのカウンセリング時間は、ほとんどなく

インターネットでサプリなどを探して数種類飲んでいるが特に原因がなく2年間も病院通いを続けている。

という方もいます。

ご相談にこられる方も、「何をしたらよいかわからない」といっておられます。

りそら整体では、シンプルで当たり前の事をしていくのが大切なのではないかと考えています。

不妊治療をして病院に通いながら、当院に来られ身体作りをしている方もいます。

栄養がしっかりと吸収でき、

細胞の状態を高め

身体の機能をしっかりと発揮できる身体つくりを一緒にしていきましょう!

一人で悩まないで不妊にたいしてのお悩み何でもご相談ください!

りそら整体は、あなたを応援しています!

無料メール相談.png



川口市 妊活セミナーのお手伝いをしてきました。

2016年06月06日 [記事URL]

こんにちは 川口市不妊専門整体 りそら整体の石井あいこです。

昨日は、長野県の塩尻で日本妊活協会の妊活セミナーのお手伝いをしてきました。

011c29cb826326f58177b97463e0a19a17125cc65a.jpgのサムネイル画像

今回は、妊娠しやすい体つくりセミナーということで、

まずは、自分自身の体つくりや心のケアをしていくことが大切なのではないかという内容でした。

妊活中の方は、色んなことを試してやることが増えて「何を信じたら良いのか?」

と不安となっていると思います。

色んな情報を捨てて自分のやっている事を信じることから始めてみるのがよいかもしれません。

今回のワークの内容は、

・ここ1週間で、イライラした事、不安、悩んでいる事、悲しい事など

・ここ1週間で、楽しかった事、ワクワクした、感動した、笑えた事など

をグループを作って皆さんでシェアしてもらいました。

普段生活していると、自分の感情を感じることが少なくなってきていると思います。

ストレスを感じていても慢性的になってしまい、ストレスとは感じない様に自分の感覚に蓋をしてしまっているかもしれません。

ネガティブな考えは良くないので、無理にポジティブに考えなくてはと思いストレスになっていたり

まずは、自分の心の状態を知りきちんと向き合ってあげることが妊娠に向けての早道なのかもしれません

不妊治療を長年続けていた方が、不妊治療をやめて旅行や自分の好きなことを始めて、すぐに妊娠した

という方もいらっしゃいます。

不妊治療をやめたりする必要はないですが、

普段の生活の中でも、リラックスする時間をもったり、ワクワクすること、やりたい事をしたり

日常簡単にできる事からを始めてみるのも良いかもしれません

☆一日1回  「ほっ」とする・・・・・・入浴時にアロマオイルをいれてリラックス・白湯を飲む・深呼吸をする

☆月に1回  「楽しい」ことをしてみる・・・・外食・おでかけ・趣味・スパ等

☆年に1回  自分に「ご褒美」をしてあげる・・・・旅行 等

無理をしないで、自分自身を大切にしてください。

落ち込んだり、不安があるのは仕方がないことです。

生理がきて落ち込んだっていいんです

自分を知り大切に扱ってあげる事がストレスを減らす一番の処方箋になるはずです

無料メール相談.png



川口市 不妊と女性ホルモンの関係

2016年05月06日 [記事URL]

こんにちは 川口市 不妊専門整体 りそら整体の石井あいこです。


先日、2年間も不妊治療されている方がサロンに来られました。

何時間も診察で待ち、先生とのカウンセリングの時間はほんのわずか

全ての不妊治療の病院が全てとは、わかりませんが

サロンに来られる方達は、とてもストレスになっていると言われています。

毎回変化する心の状態、身体の状態や

妊娠に向けてホルモンの状態は、とても大切になってきます

妊娠に向けてストレスにならない環境つくり

そして、身体や心、栄養の状態など観察する点はたくさんあります。

りそら整体では、安心して身体作りができるサロン作りを心がけています。

長い間不妊治療をされていた方が治療をあきらめてすぐに
妊娠しました! という方もいます。


長い間治療されていると、周りの景色や様子などが狭まり
五感の感覚が薄くなっているのではないかと思います。

そして、治療に対するストレスも気づかないうちに
たまっていたのかもしれません

不妊治療をやめられて、妊娠に対する思いが薄まり
周りの景色をゆっくりじっくりと経験することで


五感の刺激もおおくなりストレスも減り
眠っていたホルモンが動きだすのではないのでしょうか?

 

アドレナリンやコルチゾールなどのストレスのホルモンが増えると

女性ホルモンが減少するといわれています。

当院では、不妊と心の関係はとても大切なのではないかと考えています。


体の状態は、整っていても

心の状態が「子どもができないから私は不幸せ」

不足感からくる潜在意識があると自分を責めてしまい

妊娠することに義務感を感じてしまいとても負担になってきます。


妊娠してもしなくても自分の価値は、かわりません

子供ができない私はだめではないんです。

できないあなたでも今の状態が完璧なんです。

今を大切に  自分を大切に

妊娠に向けての身体や心の準備をしていきましょう

★幸福ホルモン『オキシトシン』で脳の疲れを解消していきましょう★

日々精神的な疲れが溜まりやすい、ストレス社会!

できることなら、
脳を疲れを溜めずに、
朗らかに過ごしたいですよね。

そこで重要なのが
オキシトシンというホルモンです。

オキシトシンが十分に分泌されていると、
脳の疲れを癒し
気分も安定し
ストレスにも強くなります!

オキシトシンを分泌させるには、
家族や恋人などの親しい人達と
スキンシップを行うことが効果的です。

わんちゃんや猫ちゃんなど、
動物とふれあうことでも、分泌を促すことができます。
ペットがいる方は、優しくなでてあげましょう

★内臓の感受性を高めて妊娠力UP!

女性の身体の中では、常に

脳 ー 卵巣 ー 子宮  で情報交換をしています。

その情報交換をホルモンで行い、そのホルモンは血流を通して行われます。

妊娠力を高めるには、

情報(ホルモン)をしっかりと受け取って正常な反応をすることが大切です。

脳と生殖器の間で情報交換のやりとりをしています。

たとえば、

☆整理でしっかり掃除ができた → では卵を育てよう!

☆卵が育ってきたよ → では内膜を厚くしましょう!

☆排卵したよ → では体を温めましょう!

☆受精したよ → では卵を育てましょう!

☆受精しなかったよ → 次に向けてリセットしましょう(整理)

これらのやりとりをしっかりと自分の力で繰り返せる事が大事なのです。

そのためにも、

*血液がきれいである事

*内臓がしっかりと正しい位置にあること

 → 内臓は疲労すると下垂して働き感受性が弱まります。

*自分の体のサインや変化を意識すること

で感受性が高まり、情報交換がスムーズになります。

体は、常に会話しています。

1日のストレスは、その日のうちにとれる様に身体の機能や内臓の機能を高めて

妊娠力UPしていきましょう!

 

女性の体に作用する女性ホルモンとは?

妊娠・出産できるカラダをつくるために、女性ホルモンのバランスもととのえていかれるとよいですね。

女性ホルモンは、脳が指令を出し、卵巣でつくられるホルモンです

女性の体は男性にくらべて、不調な時期がくりかえされたり体調や精神が乱れやすいとおもいませんか?

それは、女性ホルモンが影響しています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンの働きによってコントロールされています。

この2つのホルモンは、一定の周期でそれぞれ分泌量のバランスをかえながら

女性のカラダと心に作用しているんです。

 

・エストロゲンの働き

 ・女性らしいカラダをつくり、子宮に作用して妊娠にそなえて子宮の内膜をあつくする
 ・自律神経、感情の働き、骨、皮膚、脳の働きにも大きくかかわっている
 ・基礎体温を下げる働きがある
 
 ・整理の終わり頃から、排卵前にかけて分泌がおおくなります
 ・エストロゲン分泌量の多い時期(卵胞期)は、カラダも心も安定して体調がよい時期です


・プロゲステロンの働き

 ・妊娠をたすけるホルモン
 ・受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態にととのえ、妊娠後は妊娠を継続させる働きをします
 ・基礎体温をあげる働きがあります
  
 ・基礎体温は高温層の時期で、排卵後から次の生理にかけて分泌されます
 ・プロゲステロンの分泌が多い時期は、黄体期とよばれ精神的に不安になってイライラしたり、
  吹き出物が出たりすることもあります。
  月経前症候群(PMS)よばれています

 

女性ホルモンのバランス

女性ホルモンのバランスがとれている状態がよいのですが、ホルモンバランスが乱れることがあります。

たとえば

・エストロゲンの過剰

・エストロゲンとプロゲステロンの両方が過剰

・エストロゲンとプロゲステロンの両方が不足

があります。

最近の傾向としては、ほとんどエストロゲンの過剰がおおいです。

月経過多の原因の多くが、「食べすぎ」だと考えています。

「食べすぎ」による、

・環境ホルモンや添加物、乳製品が女性ホルモンの様な働きをしてしまうのです。

食べすぎやホルモン過剰によって肝臓の機能が低下して処理しきれなくなってしまいます。

エストロゲン過剰の影響としては、

・卵胞の発育障害
・排卵障害
・月経過多
・PMS
・黄体機能不全
・乳がん

の可能性が高くなります。

 

エストロゲン過剰をなくしていきましょう!

エストロゲン過剰をなくしていくには

・食事量をへらす

・毒素をとらない

・植物性エストロゲンの摂取

・動物性脂肪の量が多いものを避ける 

・便通をよくする  → 植物繊維の多い食事をして便秘を解消しましょう!

            食物繊維にはエストロゲンを吸収して対外に排出してくれます。

・体を冷やさない  → 身体を冷やすような食事を少なくして、温める食事を多く取るようにしましょう。  

 

などを気をつけていくとよいです。

 

食事には、植物性エストロゲンをとりましょう

《植物性エストロゲンを含むもの》

・豆
 ひよこ豆、グリーンピース、レンズ豆、いんげん豆 その他の豆

・アブラ菜科の野菜
 ブロッコリー、ケール、キャベツ、芽キャベツ、カリフラワー、クレソン、ラディッシュ、大根、白菜

・穀類
 オート麦、大麦、ライ麦、小麦

・野菜、果物
 サツマイモ、ニンジン、ジャガイモ、ザクロ、ナツメヤシ、ニンニク、玉ねぎ、キノコ

・ハーブ種
 アニス、ホップ、リコリス、セージ、ゴマ、亜麻の種

植物性エストロゲンは、体内で作られるエストロゲンの働きを調節する働きがあります。

妊娠にむけてのカラダつくりに欠かせないホルモンバランス!

毎日の食事や食事の質の見直しをされてみてはいかがですか?

妊活は、一人で悩んでお友達にも相談できないという方もおおいです。

また、一生懸命にいろいろ試してみてもなかなか授からない

どうしたらよいかわからない

などとご相談にこられます。

あなたの時間と体力を無駄にしないでください

本来女性は、妊娠する力をもっているのだから

不安にならずに妊娠・出産そして子育てに向けて一緒に歩んで生きましょう!

無料メール相談.png





川口市 不妊症とおりものの関係

2016年04月25日 [記事URL]

こんにちは 川口の不妊・妊活サポートりそら整体 子宝セラピストの石井あいこです。

わたしたち女性のからだは
正常なサイクルであれば毎月くりかえされる生理作用があります

毎回、妊娠のチャンスがめぐってきます

排卵の時期に性交渉をもつことで

妊娠へのスタートの
受精 → 着床 → 妊娠
へとすすみます

そして、排卵の時期を特定できるめやすになるものがあります。

何だと思いますか?

それは・・・

 

「おりもの」

排卵の時期の3~4日まえから粘り気のある「おりもの」が
感じられるとそろそろ排卵です

□受精に大切なおりもの

おりもの(頸管粘液)の分泌は、自然妊娠の重要なポイントにもなります。

女性側の体調も整い、いくつかの女性ホルモンのバランスが良いと
卵胞ホルモン(エストロゲン)の作用により
排卵数日前からおりものの分泌がかなり増えます。


〔排卵時期のおりもの〕

※精子がスムーズに子宮の中に入られるように
 透明な白身状のおりものが流れ出す

 →次第に不透明なおりものに変わり
  量も少なくなって子宮口にふたをする。

このおりものは、女性ホルモンのエストロゲンの作用によるもの

エストロゲンの作用で低温期の卵胞が大きくなり
子宮内膜もあつくなり

おりものの分泌  =  卵胞の育ち方
            子宮の厚み

を知る目安なんです。


□不妊症と基礎体温表とおりものの関係

不妊症でお悩みの方は、
「基礎体温表」と「おりもの分泌状況」は、同じようなパターンのことがあります。

① おりものの分泌がわからない、はっきりしない、もしくは量が少ない。

② 基礎体温表の低温期が短い

③ 基礎体温表の特に低温期がギザギザで一定にならない

④ 低温期と高温期の差が0.5℃以上である

⑤ 高温期の最も高くなった体温が37℃以上になることがある

この様なパターンは、もともとの体調もありますが
クロミッドや排卵誘発剤の内服やHMG注射の影響であることも多いです


不妊治療することで、『妊娠しやすさ・・・』
から遠ざかっているともいえます


□無排卵とおりものの関係

不妊症の約30%を占めているといわれている大きな原因「排卵障害」

無排卵月経の大きな原因のひとつは、

女性ホルモンバランスの乱れ

ホルモンは、もともと

*体温を一定に保ったり
*消化や栄養素の吸収
*病原菌から体を守る働き

があります。

バランスが乱れると卵巣や子宮がうまく働かなくなります


〔無排卵のおりものの特徴は?〕

*色は透明~乳白色
*ネバネバ粘性が高い
*すっばい臭い
*量が多い

無排卵の場合、ホルモンバランスの乱れによって
本来みられるはずの「おりものの」変化がなく

常に同じ状態のおりものが出続けてしまいます


女性の生殖器を調節しているのはホルモン
そのバランスを整えるのが大切です

□加齢による排卵の早まり(月経周期が短い)

加齢により排卵が早まります。

年齢をかさねていくと卵巣そのものが老化していき機能も低下します。

指令が上手く伝わらなくなるため中枢から

卵巣を刺激するホルモン(卵胞刺激ホルモン)が過剰に分泌されてしまうのです。

卵胞ホルモンは、卵胞を成熟させて排卵を促進させるため欠かせない存在ですが

加齢により正常よりも分泌量が多くなると不妊症を引き起こす可能性も高いです。

最近は、生活習慣の乱れにより若い人も卵巣機能が低下している人が

増えてきています。



川口市 妊活中のグルグル思考は、○○で解消しましょう!

2016年04月08日 [記事URL]

こんにちは 川口市不妊専門整体 子宝セラピストりそら整体の石井あいこです。

最近、駅構内や結婚式場などで空間アロマがよく利用されています。

同じ景色と空間にいても

そこにアロマが入ることで過ごす時間の質があがり

気分も変わり空間が変わったようなマジックがおきます。

ELLY15052545_TP_V.jpgのサムネイル画像

「毎日、普通にすごしているがとても不安になってしまうときがある」

義理の両親や自分の両親からも「そろそろ・・・・」などといわれ

周りのお友達もどんどん妊娠して子どもができていく

妊活中の方は、とてもプレッシャーになります。

「私だってこんなにがんばっているのに・・・どうして・・・」

頭の中で思考がグルグルと空回りして

焦りと不安で旦那さんにつらく当たってしまうこともあるとおもいます。

グルグルとした思考から抜け出したいのに「妊娠すること」が頭の中からぬけだせない

そんな日々を過ごしていれば、かなりのストレスになってしまいます

ストレスがかかるとホルモンの分泌も悪くなり

子宮への血流も悪くなりホルモン値も正常でなくなってしまったり

病院では、「何も問題ない」と言われていて原因不明な方も思考が邪魔をしている場合もあります

実際、当院に来られて思考が変わっただけで妊娠された方もいました

 

思考は、健康の70%の鍵をにぎっているのをしっていますか?

脳の働きは、とてもダイナミックで

ココロとカラダに影響します。

頭の中がグルグルのままになってしまうと

カラダや卵にも影響します。

もっと楽しい気持ちになりたい

幸せになりたい

癒されたい

などと思ってもすぐには変われないですね

 

 

そんな、あなたのマインドを

ダイナミックに変えてくれるアロマ

ネガティブな気持ちが香りを嗅ぐだけで

植物の力で思い通りにならない感情を沈めて

リラックスした気持ちにしてくれます

 

たった1滴のエッセンシャルオイルの中に

4000京の分子がふくまれ

オイルの分子量はとても細かく

細胞膜を通過します

薬では、通過できない細胞の中までアロマオイルは、必要な所に作用してくれます

アロマオイルは、とてもパワフルで優しいのです

ミクロの世界のあなたの感情に働きかけてくれるのです

『ありがとう』という気持ちをこめて使うことで

その波動は高まり、より効果を発揮するといわれています。

不妊治療は、精神的にも体力的にも、かなりのストレスになります。

努力すれば必ず報われるわけでもない事もあります。

この出口の見えないツライ時期にこそアロマオイルは役にたちます。

アロマの癒しの力をかりて

心も体もリラックスして

グルグル思考を解除して

赤ちゃんを迎える準備をしていきましょう

アロマ画像.jpg

【感情を沈静してリラックスさせてくれるアロマオイル】

  怒りや緊張
  不眠
  イライラ・ストレス
  不安感
  
 などの改善になります。

 精油 * カモミール
    * ネロリ
    * マジョラム
    * ラベンダー
    * サンダルウッド

アロマオイルは女性ホルモン調整に最適なんです!

 

妊娠しやすい体を作るには、

*卵巣の機能を高め

*女性ホルモンの分泌を促しホルモン量を調整

することが大切です。

女性ホルモンの分泌が正常に行われるためにもホルモン分泌の指令をだす

脳に働きかける必要があります。

ホルモンの司令塔は大脳の下にある視床下部。

アロマの香りは、嗅覚を通して脳へと作用し、視床下部にダイレクトに届いてしまうんです。

薬も届かない細胞レベルまでとどいてしまいます。

卵の成長に欠かせないホルモン分泌や自律神経のバランスまでととのえられてしまいます。

最近は、産婦人科の不妊外来や専門のクリニックでも、アロマがケアに使われることがあります。

妊活におススメの精油ベスト5

□フランキンセンス

古代では、金のと同等の価値をもったフランキンセンスは、成分のモノテルペンが細胞レベルでDNAの修復とバランスを整えてくれます。
細胞の寿命も保護して老化から守ります。
ダメージを受けた細胞の体内除去を誘発してくれます。
成分のαピネンは、免疫向上や抗肥満作用、抗菌作用、血圧降下作用、森林浴などがあります。


□オレンジスイート

気持ちを明るくして、子宮を温めてくれます。

妊活が上手くいかずに落ち込んだときなどの時に気持ちを元気にしてくれます。


□イランイラン

女性ホルモンの分泌を促すセクシーな香りです。濃厚な甘い香りのイランイランは、性欲を高める媚薬としてつかわれていたのです。

排卵期などのタイミングのときにティッシュに1.2滴たらしてベットサイドにおいておくのも良いですね。

また、整理前後の憂うつな気分のときの気分解消に良いです。


□ジンジャー

血行をよくして体を温めます。

胃を元気にして消化を助けてくれます。


□カモマイル・ローマン

ホルモンバランスを整えるのに欠かせない質の良い睡眠を促してくれます。

お休み前に子宮や卵巣を温めるアロママッサージも香りと共に体も温まりとても効果的です。

ペアマサージなどもしてアロマと共に妊活を楽しんでいきましょう!

無料メール相談.png



川口市 二人目不妊の原因とは?

2016年04月02日 [記事URL]

こんにちは 川口市 不妊専門整体 子宝セラピストりそら整体の石井あいこです。

最近こられる方のお悩みの中で特に多くなっているのが

2人目、3人目のお子さんを望んでいるのになかなか妊娠しない
というケースです。

一人目は、スムーズに妊娠したのに、2人目がなかなかできない

医学的には、

「一人目を出産して、特別避妊をしていないにもかかわらず、2年以上たつのに次の妊娠をしない」

などを二人目不妊といいます。

二人目不妊の場合は一人目のお子さんを出産していますので、一人目のときよりは、プレッシャーがない

とは思いますが、子どもがいるママ友との付き合いの中で二人目を出産しているを目の当たりにして、

人間関係の中で気持ち的にも不安になっている方もいます。

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s.jpg

二人目不妊の原因は?

 

□産後の体全体や骨盤のゆがみ

 産後1ヶ月から3ヶ月までは、骨盤がゆるい状態です。
 産後に立ち上がるタイミングは、とても重要なのです。
 
 出産後は、女性のカラダの環境は変わります。
 
 子宮に残った胎盤などを排出する後産や
 赤ちゃんを体内で育てるために負担になっていた内臓の調整
 産道をひらくために広がった骨盤をもとどうりにしていったり
 
 など変化がありますのでカラダの負担はとても大きいです。

 この時期に大きく開いた仙腸関節が歪んだ状態になってしまうと
 正しい位置に戻れなくなってしまいカラダ全体にゆがみがでてしまい
 産後の不調の原因になります。

216093.jpg

□ 育児のストレスや産後に体調をくずしている

 出産後は、赤ちゃんの毎日のお世話などでお母さんのカラダはとてもつかれています。

 そして、時間の余裕もなくなり精神的なゆとりの喪失にもつながっていきます。

 そんな心の状態では、赤ちゃんを迎えるカラダの準備が整っていないです。

 妊娠に本当に必要なのは、「今を幸せと思える気持ち」です。

 育児のストレスは、ちょくせつ子宮に影響します。

 

□骨盤のゆがみを調整して妊娠力をつけていきましょう!

 骨盤のゆがみは、男性はほとんど動きませんが、
 女性は生理の前にやわらかくなり、少し動きやすくなります。
 
 骨盤周りの筋肉やお尻のかたくなった筋肉をゆるめていき
 骨の調整をして骨盤をととのえていきます。

 骨盤を調整することで、骨盤内にある子宮や卵巣の位置も正しい位置に戻り
 カラダ全体も整い体調がよくなります。

□生活のペースをおとしてゆったりした気持ちで育児をしていきましょう!

 毎日の育児は、重労働です。

 少し生活のペースを落として、がんばりすぎず育児ストレスを減らしていきましょう。

 心にゆとりをもち、時間のゆとりをもって過ごすことで
 心に余裕ができます。

 心と体はつながっています。

 今の幸せを感じることで、カラダの機能も高まります。

 「頑張る」ではなく、「楽しい」ことからはじめましょう!

 
  
 pixta_4203602_L.jpg
 

無料メール相談.png



川口市 不妊と紙ナプキンの関係

2016年03月31日 [記事URL]

こんにちは 川口市不妊専門整体 子宝セラピストりそら整体の石井あいこです。

普段、何気なくつかっている日用品

女性は、毎月の生理にナプキンつかいます

 

最近、体に敏感な方は、布ナプキンをつける方も増えてきています。

「布ナプはまだちょっと敷居が高いけど、こんな紙ナプキンを見つけたので変えてみたら、

 生理日数と量がちょっと減ったみたい」

という嬉しい報告をいただきました。

こんな紙ナプキンとは、

ナチュラムーンという高分子吸収材(ポリマー、石油化学合成品です) を使っていないナプキンのことです。

生理用ナプキン 普通の日用 羽なし

→ナチュラルムーンは、こちら → http://naturamoon.jp/

まだ、2ヶ月しかつかっていないのですが、 いつもより日数も経血量も減り 不快な症状も軽減したそうです。

普通の紙ナプキンは、

紙だけではなく、 漂白剤や高分子ポリマー

ポリエチレンフィルムなど、 石油化学製品が使われ、

中には発ガン性が疑われる化学物質もたくさん使用されてることは、ご存知ですか?

女性の敏感な部分につけているので

そのまま有害物質が体内にとりこまれて

さまざまな悪影響につながる可能性がたかいです。

女性は、子宮

男性は、肝臓

にいちばん溜め込まれやすいのだそうです。

126672.jpg

経血量が増えたり、血の塊が排出される原因は、

子宮に吸収された有害物質が ゆっくり子宮に濃縮蓄積され

それを排出したり浄化しようとして 子宮は大量の血液で洗い流そうとしているのです。

不妊症や子宮内膜症、PMSなど

女性疾患を引き起こす可能性があります。

女性の体の影響だけではなく、 子宮の中で育つことになる赤ちゃんにも影響してきます。

本来、赤ちゃんができるのは、自然なことです

自分のカラダに負担をかけない生理用品なども見直してみるのも

心と体のバランスがとれるようになり

体がストレスにつよくなって

心も体もリラックスできるかもしれません

eb6935419a2d65a242f8f2891d48d415_s.jpg

子宮をほんわか温かくして

赤ちゃんを迎える準備をしていきましょう

〔布ナプキンの専門店さん〕 こちらのレメディガーデンさんのHPには、 →http://www.remedy-garden.co.jp/  合わせてご覧になってみて下さい

無料メール相談.png




 1  2  3 


電話・メールでのお問合せ

メールでのお問合せ

「りそら整体」へのお電話はこちら
 【 電話番号 】 070-6453-9835
 【 営業時間 】 10:00~19:00
 【 電話受付 】 10:00~19:00
 【 定休日 】 水曜日

PageTop

石黒さんとの写真 画像.png

施術による効果には個人差があります。

bottom.png

matanity bottom.png

kotubann bottom.png

メニュー
会社概要

川口市 不妊専門整体 

産後骨盤矯正

妊婦マタニティ整体

「Risoraりそら整体」

【住所】
〒334-0003
埼玉県川口市坂下町2-14-16

【電話番号】
070-6453-9835

【営業時間】
10:00~19:00

【電話受付】
10:00~19:00

【定休日】
水曜日

【最寄駅】
埼玉高速鉄道 鳩ヶ谷駅
徒歩15分

【出張施術】

【出張費】
1000円



川口市 産後骨盤矯正 妊婦マタニティ整体 「Resora りそら整体」
  • 住所:〒334-0003
    埼玉県川口市坂下町2-14-16
  • 電話:070-6453-9835