川口市 不妊につながる卵の質について - 川口市「Resoraりそら整体」

HOME > 不妊専門整体 > 川口市 不妊につながる卵の質について

川口市 不妊につながる卵の質について

2016年01月10日

川口の不妊・妊活サポート「りそら整体」子宝セラピストの石井です。

年齢とともに衰えていく卵子の老化!

卵は、老化するの?

と思われた方もいるかもしれません。

それは、異常なことでもなく、病気でもなんでもなく

女性の生殖機能のメカニズムがその様になっているだけなのです。

女性が年をとればとるほど、卵子も一緒に年をとり

残念なことに数もへっていきます。

どれくらい減ってしまうの?

産まれた時点では、700万個
      ↓
   思春期   約30万個
      ↓
   37才   約2万5千個
     
といわれています。そして、閉経でゼロになってしまいます。  

 

卵子の元(原始卵胞)から成熟卵胞になるまでの期間は?

生理の期間の30日ではないの?と思われる方が多いかもしれません

が違います。

なんと100日~120日かかります。

とても長いですね。

この間の期間がとても大切なんです。

卵胞は、ホルモンの命令によって発育・成熟していきます。

その時に、質の良い卵子に育つ環境つくりをすること

が重要なんです。


質のよい卵子とは?

皆さんは、質のよい卵とはどんな卵だとおもいますか?

りそら整体では、

卵子の状態  →  細胞の状態

と考えています。

細胞の状態が良くなることで、卵子の状態や質もあがるのです。

 

一般的には

病院でいうよい卵は → 形・大きさ(グレードの基準)

になります。

細胞環境から見たよい卵とは →  (細胞内や周りの環境)

なのです。

薬では質の良い卵は増えない本当の話

 c4fa23a839844bc8555cc472eb6313ff_s.jpg

病院でのホルモン療法によって卵が増えても

卵の質は、かわらないので無理に育った遺伝子異常のある卵は無駄になってしまいます。

そして、遺伝子異常のある卵が体外受精で戻しつづけても、

は変わらないままです。

これでは、お金や時間や卵の無駄使いになってしまいます。

体外受精をつづけることで分裂もできない卵が増えてきてしまう可能性もあります。

原因は、薬をのみつづけると肝臓がわるくなり、

上手く解毒できなくなり体の機能がこわれてしまうからなのです。

ただ、体外受精は、とても効果がありますので、

それまでにしっかりと細胞レベルまでしっかりとご自分の体の機能を

整える事が大切なのではないかと思います。

卵子は、母体から栄養をもらうまでの着床までに

とても莫大なエネルギーが必要だといわれています。

そして一人で細胞分裂をくりかえして成長していきます。

そのためにも、充分に独立して生きていく力が必要なんです。

 

身の回りの事からはじめて卵の質をあげていこう

528942d70881c614e13af7eab0bec43f_s.jpg

卵の質をあげるのにできることは、日常の生活の中にあります。

シンプルでとても簡単なことなんです。

1つからでも良いので出来ることからはじめてみませんか?

※調味料や油をかえてみる

毎日つかう調味料のうち「さ・し・す・せ・そ」

(砂糖・塩・お酢・せうゆ「醤油」・味噌)

くらいは本物を使いましょう。

油もサラダ油ではなく、・エゴマ(シソ)油  ・亜麻仁油  ・フラックス油

をとるようにしましょう。

卵子は、体の中で一番おおきな細胞です。

細胞膜は、油でできています。

サラダ油は、細胞膜を固くしてしまい栄養の出入りがしずらくなります。

亜麻仁油は、細胞膜を柔らかくしてくれて、栄養をしっかり吸収できます。

※和食(ま・ご・わ・や・さ・し・い)をとるようにしましょう

 豆・ゴマ・わかめ・やさい・さかな・しいたけ・いも

のバランスの良い食生活をこころがけるようにしましょう。

体に栄養素をたっぷりと含んだ理想的な食事です。

※運動をしましょう

仕事をやめて妊活中の方も家にこもりがちになってしまったりしてませんか?

エネルギーを作り循環させるためにも、運動をこころがけましょう。

散歩や家事をおこなうのも良いかとおもいます。

スポーツクラブやヨガなども興味があればやってみることです。

血流を良くしてホルモンをしっかりと届けよう

原始卵胞.jpg

 

卵の元の細胞は、ホルモンの影響で発育していきます。

成長の初期に、AMH(アンチミューラリアンホルモン)がでます。

そして、成熟するまでにFSH(卵胞刺激ホルモン)がでつづけます。

FSHは、脳下垂体から分泌される女性ホルモンですのでストレスや精神的な不安なども関係してきます。

このホルモンを卵まで届けるには、血液の流れをよくすることです。

また、血液の流れがよくなることで、卵の発育に必要な栄養素を運んできてくれたり、

いらなくなった老廃物を排泄したりしてくれる大切や役割をしています。

血液の循環がよくなると

 ・卵巣の血流が良くなる

 ・卵巣内の血流も良くなる

ことで血流が多くなり、

 ・発育する卵の数が多くなる

逆に血流が悪くなると

 ・発育する卵の数が少なくなる

ことが確かめられています。

 

 子宮の血流を良くして、卵の質をたかめることで

 子宮の内膜を厚くします。

 子宮内膜と妊娠率は、大きな関係があります。

 子宮内膜が厚さが大きいと妊娠率が高いという結果もでています。

 まずは、身体を整え子宮の血流を良くすることが大切です。

 

最後に妊活をしていく中で一番大事なことは、

子どもは病院がつくるものではなく

自分の体でつくるということ

自分の体の中で赤ちゃんが育って、

健康に成長していくのをイメージするのもよいかもしれません。

・妊娠しなければならない

・我慢しなければならない

・制限しなければならない

・病院をやめると妊娠できない

・ストレスをなくさなければならない

などの固執やいらないものから自分を解放して

まずは、「母親になる」と想像してみてください。

不妊にたいしての違ったものがみえてくるかもしれません!

相談する方がいなくて不安にならないで、一歩踏み出してみてください

ひとりぼっちにならないでください

今のあなたは、妊娠に対する自信を失っているだけかもしれません

私と一緒に心と身体を整えて自分に向き合い

笑顔いっぱいで子どもをそだてていきましょう

不妊 親子画像 購入.jpg

無料メール相談.png



電話・メールでのお問合せ

メールでのお問合せ

「りそら整体」へのお電話はこちら
 【 電話番号 】 070-6453-9835
 【 営業時間 】 10:00~19:00
 【 電話受付 】 10:00~19:00
 【 定休日 】 水曜日

PageTop

石黒さんとの写真 画像.png

施術による効果には個人差があります。

bottom.png

matanity bottom.png

kotubann bottom.png

メニュー
会社概要

川口市 不妊専門整体 

産後骨盤矯正

妊婦マタニティ整体

「Risoraりそら整体」

【住所】
〒334-0003
埼玉県川口市坂下町2-14-16

【電話番号】
070-6453-9835

【営業時間】
10:00~19:00

【電話受付】
10:00~19:00

【定休日】
水曜日

【最寄駅】
埼玉高速鉄道 鳩ヶ谷駅
徒歩15分

【出張施術】

【出張費】
1000円



川口市 産後骨盤矯正 妊婦マタニティ整体 「Resora りそら整体」
  • 住所:〒334-0003
    埼玉県川口市坂下町2-14-16
  • 電話:070-6453-9835