川口市 不妊と食事について  - 川口市「Resoraりそら整体」

HOME > 不妊専門整体 > 川口市 不妊と食事について 

川口市 不妊と食事について 

2016年03月25日

こんにちは 川口市不妊専門整体 りそら整体の石井あいこです。

私が所属させていただいている日本妊活協会は、「不妊をゼロに」

を目標に活動しています。

 

私の考える妊娠とは、

妊娠前からの体つくりがとても大切だと考えています。

その体をつくる元になるのが

食事です。

20b83031eee2fb216c1d412852230b0e_s.jpg

食べたものが、血液となり、血液が細胞になり、内臓に変わり

全身が変わります。

そうすると考え方や生き方や人生までも変わっていきます。

そして子宮も変わっていきます。

赤ちゃんを迎えるための準備のための環境つくりはとても大切です。

体を整えるのに1年かけてから治療をはじめる方もいます。


「食」という字は、人を良くすると書いて「食」

食は、心と体をはぐくみます。

バランスのとれた食事をすることで

気持ちにもゆとりがでてきます。

 

食事は、ゆっくりととれていますか?

外食がおおいですか?

栄養がかたよりがちになっていませんか?

食事の取り方を少し変えるだけで

妊娠に一歩近づくかもしれません

 

よく噛んで妊娠体質をあげていきましょう!

 

人間には60兆個もの細胞があり、そのすべてが無駄なく働いています。

そして、食べたものがあなたの体を作っていますので

食事のバランスが崩れたり

食事時間や回数が乱れたりすると

細胞にきちんと栄養がいかなくなり体に影響をうけたりします

もう一つの命をお腹の中で育てようという時にきちんとした食生活がされていないと

「妊娠の準備ができていないですよ」

と身体は判断して、受精~着床までスムーズに進んではいかないです。

まずは、「よく噛むこと」です。

噛む回数が増えると、唾液の中の酵素の働きがアップして

身体のバランスがよくなり、免疫力が高くなります。

免疫力がたかくなると、自律神経のバランスも整えられて

妊娠に必要なホルモンバランスも整ってきます

また、赤ちゃんの身体をつくられているときも免疫を担っている

白血球が重要な働きをしていることがわかっています。

妊娠してからも、お母さんがよく噛むことで

赤ちゃんの脳に程よい刺激が入り頭がよくなることも分かっています。

一日の中で1回は、ゆっくりと食事をとり

1口30回以上

よく噛んで妊娠しやすい

 

油のとり方で妊娠を近ずけましょう!

 

b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_s.jpg

女性の場合、ダイエットのためにと油を避ける方が多いのですがこれはお勧めできません。

人間の体は、60兆個の細胞から作られていますが、その細胞膜を構成しているのが脂質です。

つまり、いかに良い油をとる事が細胞への影響を与えるか!

ということが分かると思います。

妊娠のために重要な卵巣や子宮が健康であるためにも脂質は必要です。

そして、卵子そのものも「脂質」がたりなければ質が低下してしまうんです

さらに、油不足は脳の神経細胞にも影響が出て、精神的なバランスを崩すことにもつながります。

では、妊娠に近づけるにはどのような油をとっていけば良いのでしょうか?

油には体にとって  *積極的にとりたい油   *悪影響を与える油

があります。

*積極的にとりたい油

 亜麻仁油、えごま油 等の オメガ3

体の活性酸素による酸化を抑え、体内を浄化してあなたを健康にしてくれます。

亜麻仁油は、末期ガンでも克服させるほどの力があるとされています。

 

*悪影響を与える油

飽和脂肪酸  → 肉類やバターなどの動物性

体の皮脂に近い性質をもちますが、悪玉性の脂肪なので取り過ぎには注意が必要

 

トランス脂肪酸 → マーガリン、ショートニングなど

トランス脂肪酸の怖いところは、身体の中で分解・代謝することが難しく、多くのビタミンやミネラルが消費され身体に大きな負担がかかります。

ビタミンやミネラルは身体が上手く働くために必要なものでので、そのために多く消費してしまうと身体の機能に悪影響になります。

フライドポテト、菓子パン、アイスクリーム、ドーナツなどに多く含まれています。

ショートニングの入った焼き菓子、揚げ物の冷凍食品など無意識にとっているかもしれません。

 

オメガ6    → べにばな油、コーン油、大豆油 など一般的にサラダオイルといわれるもの

現代では、取り過ぎの傾向にあり病気の原因となっていますのでいかにとり過ぎないかが重要です。

 

 

妊活のためのバランスの良い「理想の食事」とは?

 

520af1d66b70edc1fc123c2895d65fb0_s.jpg

 

ま ・ ご ・ わ ・ や ・ さ ・ し ・ い

は、みなさん聞いたことありますか?


これはカラダの必要な栄養をまんべんなく取り入れる事のできるものなのです!

ま:豆類

豆腐・納豆・豆類などの大豆加工品

良質のたんぱく質と食物繊維のほか、マグネシウム、ビタミンB郡、亜鉛などが豊富にとれます。

 

ご:ゴマ(ナッツ)

ゴマやナッツなどの種子類

オメガ3脂肪酸といわれる良質の脂質とタンパク質、ビタミンEなどを含む

ゴマ、背差民など抗酸化作用を防ぐ栄養素も豊富

わ:わかめ(昆布・ひじき)

ワカメ、昆布などの海藻類

ヨード、ビタミンB郡、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどが豊富

 

や:野菜

緑黄色野菜、淡色野菜のほか、こんにゃくなど

緑黄色野菜のベータカロチン、淡色野菜のビタミンCなど各種ビタミンと植物繊維が豊富

 

さ:魚

魚介類、とくに青魚類

青魚のDHAなどのオメガ3脂肪酸とビタミンB群

亜鉛、鉄、タウリンなどが豊富


し:しいたけ(きのこ類)

キノコ類

ビタミンB群、植物繊維などのほか、多糖体(免疫力を高める)を含む

い:イモ類

じゃがいも、さつまいも、里芋、長いもなど

腸内環境を整える食物繊維のほか

じゃがいもはビタミンC、長いもはムチンなどを含む
こ:生もの(野菜・刺身・発酵食品):酵素!!

ま・ご・わ・や・さ・し・い食材は、人間が生きていくうえで必要な栄養素の

ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。

食事のとり方をかえる事で、冷えや体の機能、心の状態まで変化することもあります。

バランスよく食べることが妊娠する体のためには大切です。

これらを意識して食事を楽しんでみてください!


無料メール相談.png

 





電話・メールでのお問合せ

メールでのお問合せ

「りそら整体」へのお電話はこちら
 【 電話番号 】 070-6453-9835
 【 営業時間 】 10:00~19:00
 【 電話受付 】 10:00~19:00
 【 定休日 】 水曜日

PageTop

石黒さんとの写真 画像.png

施術による効果には個人差があります。

bottom.png

matanity bottom.png

kotubann bottom.png

メニュー
会社概要

川口市 不妊専門整体 

産後骨盤矯正

妊婦マタニティ整体

「Risoraりそら整体」

【住所】
〒334-0003
埼玉県川口市坂下町2-14-16

【電話番号】
070-6453-9835

【営業時間】
10:00~19:00

【電話受付】
10:00~19:00

【定休日】
水曜日

【最寄駅】
埼玉高速鉄道 鳩ヶ谷駅
徒歩15分

【出張施術】

【出張費】
1000円



川口市 産後骨盤矯正 妊婦マタニティ整体 「Resora りそら整体」
  • 住所:〒334-0003
    埼玉県川口市坂下町2-14-16
  • 電話:070-6453-9835