川口市 不妊症にたいする情報をリセットしましょう! - 川口市「Resoraりそら整体」

HOME > 不妊専門整体 > 川口市 不妊症にたいする情報をリセットしましょう!

川口市 不妊症にたいする情報をリセットしましょう!

2016年06月09日

こんにちは 日本妊活協会 不妊専門整体 りそら整体の石井あいこです。

今は、何か疑問があるとインターネットで検察する時代です!

不妊症にかんする情報は、インターネット上であふれています。

私って冷えが問題なの?

もしかしたら子宮が問題?

卵子の老化かもしれない

など調べていくうちに

*葉酸がいい!          とでていたり

*マカがいい!

*ミトコンドリアの改善サプリ!

どんどん新しい情報がでてきてサプリだけでも数種類飲んでいるという方もいます。

これは、不妊症に限ったことではありません。

ここ最近の健康ブームで本当に健康な人が増えているといえるのでしょうか?
私は、不健康な人が増えていると思います。


身体の状態をよくするには、どんどん足していけば良いものではありませんね。

むしろ、引き算が必要なことも多いのです。

ですので、*今もっている情報   *やっている事

をリセットしていくことも大切なのです!

006.jpg

 

☆足し算の栄養や薬を飲む前に・・・細胞の状態を良くしましょう!

 

不妊の原因といわれている 

*子宮の状態の悪さ
*卵子・精子の老化
*冷え

などどれをとっても細胞一つ一つをいい状態にすることが大切です。

子宮や細胞の状態が良いと

*子宮の感受性が高くなり、ホルモンの反応もよくなり受精卵を受け入れられます。
*生理でしっかりとお掃除ができます。
*しっかりと内膜を育てて、粘膜の状態も良くなります。

これができれば、生理痛や子宮内膜症のトラブルは自然と解決するのです。

卵子と精子の細胞の状態が良いと

*遺伝子異常がなくなります。
*細胞に力がでてきます。(受精卵には自分を守る栄養が必要なのです。)
*細胞膜の状態が良くなります。

これができれば、赤ちゃんになれる卵の排卵する確立はあがります。

全身の細胞の状態が良いと

*冷えがなくなります
*細胞がエネルギーを作ることができます。
*ホルモンの反応がよく高温期にしっかりと体温が上がります。

これができれば、低温期・高温期があがり、免疫力もあがります。

栄養をとっても必ずしも吸収できないんです

では、栄養が入る身体とは?どの様な身体なのでしょうか?

*栄養を吸収する内臓の状態が良い(特に肝臓や腸)

*体に毒がない(毒を入れない、毒がしっかり処理できる)

*酸素が全身にいきわたっている

要するに、内臓が元気である事!なのです。


子宮や卵巣の細胞の状態をよくするためには、

他の内臓全体が良い状態でなければいけないのです。


そして、内臓は疲労すると内臓下垂して働きが悪くなります。

内臓が下垂すると、*ポッコリお腹 *腰痛  *肩こり などがサインです。

内臓が下垂すると

 → 働きが弱まる
 →毒が排泄できずにたまったまま
 →血液が汚れ栄養もない   →  細胞が悪い状態になる

そして、子宮や卵巣の感受性が弱まり、ホルモンに反応しなかったり

逆にそのせいでホルモンが過剰にでてしまったりして

ホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

★妊娠するための身体つくりは、1年かけて作っていきましょう

 

当院では、マタニティの方も来院されています。

妊娠がわかって、すぐに「つわり」がひどくて会社を休んで寝込んでしまう方

身体に痛みがあり、思うように動けない方

などとても辛い思いをしています。

この辛い状態は、お腹の赤ちゃんにも負担をかけていて、赤ちゃんの成長にも影響していきます。

アメリカなどでは、妊娠する1年まえから「妊娠する身体つくり」

をしているそうです。

どうして1年前からなの?とおもわれるかもしれません。

☆排卵前の2次卵胞(卵子の元)に毛細血管ができ

血流が開始されて排卵されるまでには90日間もかかります。

「原始卵胞 画像」の画像検索結果

この時期までに

体質(血液の状態)を良くしておく必要があります。

それは、*質の良い卵子を育てる

    *エネルギーの高い良い状態にしておく

必要があるからなのです。


そして、体質(血液の状態)をよくする為には

*血液が入れ替わる必要な時間  3~4ヶ月かかります。


ですので、

排卵~受精するまでに    90日間 

体質改善の時期(血液が入れ替わる期間)   3~4ヶ月

最短でも、90日間  + 3~4ヶ月  =  6~7ヶ月

妊娠までの最短期間でも、6~7ヶ月  必要になるのです。

そうして、体質(血液の状態)を上げてから妊娠するのが赤ちゃんの成長にも母体にも良いのです。


こういった理由から妊娠するまでに6か月から1年かけて
体質(血液の状態)を上げてから妊娠するのが
良いということになります。

「胎児は、妊娠6週目までが、一番母体の影響をうけます!」

ですので、妊娠がわかってから、お酒やタバコをやめたり

食事を変えたりしても遅いことがわかりますね。

卵子の状態から、胎児の時も様々な影響を受けています。

「可能な限り健康な赤ちゃんを産みたい」

と願うのであれば妊娠前からの身体のケアはとても大切なのです。

妊娠したらゴールではありません!

その先にある子供の健康、家族の幸せを考えると

妊娠前の6ヶ月~1年かけての心身のケアは、とても大切な時期になり

後になって「宝」となります。

 

不妊治療の病院に通っている方で、先生とのカウンセリング時間は、ほとんどなく

インターネットでサプリなどを探して数種類飲んでいるが特に原因がなく2年間も病院通いを続けている。

という方もいます。

ご相談にこられる方も、「何をしたらよいかわからない」といっておられます。

りそら整体では、シンプルで当たり前の事をしていくのが大切なのではないかと考えています。

不妊治療をして病院に通いながら、当院に来られ身体作りをしている方もいます。

栄養がしっかりと吸収でき、

細胞の状態を高め

身体の機能をしっかりと発揮できる身体つくりを一緒にしていきましょう!

一人で悩まないで不妊にたいしてのお悩み何でもご相談ください!

りそら整体は、あなたを応援しています!

無料メール相談.png



電話・メールでのお問合せ

メールでのお問合せ

「りそら整体」へのお電話はこちら
 【 電話番号 】 070-6453-9835
 【 営業時間 】 10:00~19:00
 【 電話受付 】 10:00~19:00
 【 定休日 】 水曜日

PageTop

石黒さんとの写真 画像.png

施術による効果には個人差があります。

bottom.png

matanity bottom.png

kotubann bottom.png

メニュー
会社概要

川口市 不妊専門整体 

産後骨盤矯正

妊婦マタニティ整体

「Risoraりそら整体」

【住所】
〒334-0003
埼玉県川口市坂下町2-14-16

【電話番号】
070-6453-9835

【営業時間】
10:00~19:00

【電話受付】
10:00~19:00

【定休日】
水曜日

【最寄駅】
埼玉高速鉄道 鳩ヶ谷駅
徒歩15分

【出張施術】

【出張費】
1000円



川口市 産後骨盤矯正 妊婦マタニティ整体 「Resora りそら整体」
  • 住所:〒334-0003
    埼玉県川口市坂下町2-14-16
  • 電話:070-6453-9835